IDEA

同人音楽サークル「サークルKSK」から生まれた企画「空想イデア論」の制作ブログ。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--
  2. スポンサー広告

「品川心中」 作詞 一石楠耳

枝垂れた花は制服を撫ぜ
少女の下で血溜まりのように

空いた薬瓶くくられた縄
轢き潰された銀の髪留め
水浸しの男の手

カンカンカンと踏み切りが鳴り
コツコツコツと靴音響く
彼は呻く「ただいま」

抱き寄せる少女の背
遮断機が夜を切る

「添い遂げられぬ、ならば要らぬと
共に捨てたはず、何故ここにいる」
縋る指と笑み

スカァフを引き剥がし
首筋に刺さる銀

滴る色は黒脚伝い
少女の下で血溜まりと化し
憐れ
スポンサーサイト
  1. 2010/04/19(月) 14:50:07
  2. poem
  3. トラックバック:0
  4. コメント:0

<<サークルKSKラジオ「Studio KSK」 第3回 | ホーム | サークルKSK オリジナルシングル 「品川心中」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://project1idea.blog104.fc2.com/tb.php/12-68474dc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
piano
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。